<   2006年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

品質のない生活

每週每週暗暗的對自己發誓要做新生活宣言,一切卻還是沒有改善。寫不出新文章,感覺上滿腦子都是垃圾。每每回到家就開始當廢人,發呆的時間越來越長,要做的事情明明堆積如山,卻還是什麼都不想做。

討厭身邊的韓國人的日子持續著。就算現在他要回去了,跟以前一樣,我討厭一個人就貫徹始終的個性還是沒改。是我的生活太糟還是他太糟我也搞不懂,總是就是跟我的個性不合。我受不了他一天固定要在座位上打頓三次,飯後固定一次加上六點左右的小頓,我搞不懂為什麼的要在那個奇妙的時間睡覺。

我無法違背自己的信念去跟他相親相愛,可是我知道他一定又準備什麼都不做的就這樣飛回韓國,外加還告訴我他還想來唸書。我知道他忘記了,即使我提醒過他保險證要交還給區公所,我告訴他別忘記了,他拿出健保證裡夾著的簡介說明說著,我讀了這個說明,不過沒寫什麼特別的,我想說不用繳回去。我抑制住脾氣,心裡大罵著王八蛋,不要跟我說你不會日文,我不是很早以前就幫你問過了,就跟你說過要繳回去了嗎。每天在msn跟朋友閒聊的時間分出半小時,上網查一下也不會嗎,在日本的韓國人多到溢出來,看不懂日文不會用韓文查嗎。

他要回去了,大家幫他做了個小冊子,上面貼著照片外加大家的留言。「You are always my best friend!」是大家真的英文不好只會這句,還是日本的習俗就是要寫這樣的違心之論。這句話在我心裡一直盪著盪著,要怎樣去相信日本人說的best friend。

我知道自己失去了寬容的心去包含一個天真爛漫的25歲的韓國人,在他離開的同時,我期許自己能回到原來的生活。至少,回復到可以到京都散步的體力。
[PR]
by chungichin | 2006-02-26 01:06 | 發牢騷

あなたへ

今、一番見てくれる貴方へ

私の生活は貴方が見ている通り、めちゃくちゃです。
今日も痛みが急に走ってきて、急いで実験を片付けてから自分の席に戻って、痛みを消えるのを待つしかなかった。体から厳重な警告を出している、それでもやめられない繰り返しの毎日でした。何かが失われていたから、このような生活に拍車をかけているだろうね。答えが全然見えないではなくて、すべては自分のせいにすることしかできなかった。

しかし、直球みたい投げてくる貴方の気持ち、たまに私を救ってくれた。気持ちよく受け止めたかった。それでも、ありがとうしか言えなかった。一番貴方に言いたかった、ハッピーバレンタインデ。
[PR]
by chungichin | 2006-02-15 00:55



期間限定
by chungichin

カテゴリ

全体
發牢騷
趴趴走
碎碎唸
人物特写
未分類

以前の記事

お気に入りブログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧